立教大学

立教大学 環境学部
(2026年4月設置構想中)

文理の知がつながるこの地で

未来を照らす環境リーダーになる。

環境学部 2026年4月開設

掲載内容は設置構想中の予定であり、変更となる可能性があります。

新しい時代の「環境リーダー」を養成する

環境学部を

20264月に開設します。

環境学部を20264月に開設します。

立教大学では、次代を担う新しい「環境リーダー」の育成をめざし、
環境学部を開設します。
文系・理系を問わず幅広い学生を募集し、
これまで実績を重ねてきたリベラルアーツ教育、グローバル教育、
リーダーシップ教育を発展させた教育プログラムを編成します。

国内外のフィールドでの学びを重視し、
様々な専門家・関係者と対話し協働するための
「つなぐ」力を育てます。

  • [学部名称]環境学部/College of Environmental Studies
  • [学科名称]環境学科/Department of Environmental Studies
  • [学位名称]学士(環境学)/Bachelor of Arts and Sciences
  • [入学定員]204名
  • [収容定員]816名
  • [基幹教員]18名
  • [設置場所]立教大学 池袋キャンパス
    〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1

養成する人物像

自然科学・社会科学・人文科学の知識で

持続可能な世界に貢献する人材を育成

環境に関する基礎知識を自然科学・社会科学・人文科学の観点から
幅広く身につけ、現実の課題と結びつけながら理解できる。

自然環境を科学的に捉え、社会経済システムに関わる技術と学識を
それぞれの立場で活用できる。

様々な関係者や異なる分野の専門家を対話を通じてつなぎ、協働の
関係を構築しながら、地域社会及び国際社会に貢献できる。

"Environmental Justice" (環境正義) の概念を理解し、環境問題の
解決とサステナブル社会への変革のために行動できる。

学びの特徴

分野を横断する教育と実践的な学修で

立教型リーダーシップを実現

[リベラルアーツ]

教員の半数を理系の教員で構成。科学を重視した、「環境」をメインテーマとする文理融合のリベラルアーツ教育を展開します。また、文系・理系を問わない幅広い学生を募集し、充実した基礎教育を行います。

[リーダーシップ]

立教独自のリーダーシップ教育を通して、学生一人ひとりの個性や強みを活かし、伸ばしながら、「対話」と「協働」に必要なスキル修得。GXやカーボンニュートラルに貢献する、次代の「環境リーダー」を育てます。

[フィールドスタディ]

プロジェクト型演習をはじめ、国内外でのフィールドスタディ、社会と連携した体験学習などを通して、学びを深めながら、高度な実践力や課題解決力、「対話」と「協働」による“つなぐ力"などを養っていきます。

予想される進路

  • 国際機関、環境省をはじめとする官公庁、地方自治体
  • 国内外の環境・サステナビリティに関わる NPO、NGO
  • 環境問題・SDGs に積極的に取り組んでいる企業
  • ネットワーク構築力やリーダーシップ力を重視する企業
  • 国内外の大学院進学 など

歴史を感じる赤レンガ造りの建物と、
現代的な美しい建物が調和する池袋キャンパス。
都心にほど近い本キャンパスは交通の便にも恵まれており、
都内や周辺県からもアクセスしやすい場所にあります。

池袋キャンパス

[池袋駅]

  • JR各線
  • 東武東上線
  • 西武池袋線
  • 東京メトロ丸ノ内線/有楽町線/副都心線

西口より徒歩約7分

お問い合わせ先

立教大学 環境学部設置準備室
東京都豊島区西池袋3-34-1
E-mail:rikkyo-env@rikkyo.ac.jp